今日おもうこと

僕の脳は残酷な代物で、すぐに何でもかんでも大事なことも辛かったことも忘れてしまう。
今日の朝に何を食べたのかも、5分前の感触とかも何もかも。
現在の脳の内部の状態は真っ白で何もない。それは空洞が大量発生したエチゼンクラゲのように頭の中を充満しているような感じ。
そのブヨブヨを酸素ボンベを担いで掻き分けていくと、ようやく記憶が現れる。全ての記憶は同じ岩にべっとりと張り付いているから、全てが昨日のことのようで十年前のことのよう。どれも鮮明で、だけど非現実的な作り話のよう。

僕は半径1Mの中に生きている。その中にいる限り、どこで何をしていても僕は僕のまま。それが良いとか悪いではなく、そういう人なんだと思う。そうだからどんな場所にいてもそれはそれで面白がっていられるし、そうだから感情の抑揚がないと思われる。

僕は他の人の感情をわかることはできないし、他の人の今を想像することは出来ない。本当にもう少しよくわかる人になりたいけど、僕の想像力はヘンテコな発明をするだけに全てを注がれていて、それ以外のコトにはあまり働かない。

今日という日に色々思い出したいことがある。なんでこんなことを書いているのかはわからないけど、何か書き残しておきたいと思った。

今、僕は外国にいて「どこから来たんや?」って聞かれて「日本や」って言う。
よく外国に行くと日本の素晴らしさがわかるとかって言うけど、そんなものを感じてんのかはわからんけど、
「日本人や!」って言うことに誇りを感じる。
「俺は日本から来たんや!」って言えることに誇りを感じる。

オリンピックで全く知らん国の選手が金メダル獲ったら、その国が何かしたわけでもないけど、もうその国では皆が獲った金メダルのようにお祭り騒ぎ。自分の地元の誰かが地区大会優勝なんてしたら、それだけで別にクラスも違うし喋ったこともないけど自分も鼻高々になれる。友達がちょっと良いことあっただけでなぜか自分もちょっと喜べる。
だから個人個人の力ってすごい大切だと思う。
個人が周りを勇気づけることが出来る。大きかろうが小さかろうが。

僕なんて小さな個人を誰も相手しないだろうし国をしょってたてなんて言わないだろうけど、僕はその責任を勝手に持ちたいし、いま日本が置かれている現状の中で、そとにいる人として持たなくてはいけないと思う。

僕は何かと忘れっぽい人間だけど意志は忘れたことはない。これからいくらエチゼンクラゲの増殖が続いたとしても、それだけはそこにあるだろう。





コメント