掃除機のお食事

部屋にライブペインティングで使用した絵の具が置かれ、脚の踏み場をなくしたために、とりあえず大掃除をすることにした。
だいたい掃除をしても3日ぐらいしたらまたモノで溢れちゃって結局意味ないからあんまりやらないんだけど、今回はもう当分おさらばのコノ部屋もちゃんときれいにしとこうという気持ちもあった。
机の上は英語や奨学金の書類やらスケッチ、本の山がそびえ立っていて、床はもう絵の具やら作品で覆われている。僕は片付けるのが苦手なので困ってるんだけど、どうにも僕が歩いたあとは汚くなってしまう。とりあえず絵の具類を片付けてベッドをヒックリ返してみると、一ヶ月くらい前に行方不明になっていたメガネさんが見つかった。夜、作業をしてたらそのまま寝ちゃってて朝起きたら逃亡していて(僕のメガネさんには足が生えているようです。)探す気もなく探していたけどずっと見つからなかったのだ。ベッドの下の絵の具箱とかに隠れてひっそりとしていたようだ。

とりあえずメガネさん逃亡事件は掃除から1時間ほどで解決に至ったわけで、その次に僕は机の上にあるモノ全部をガサッとベッドの上に放り投げた。
机に何もモノがなくなると何となく部屋がきれいになったように思えた。「だいぶ片付いたな」と一段落祝いに1時間ばかり遊んでいたら、ふと後ろを振り返ると膨大な量のガラクタがあった。
だましやがったな、僕はとりあえず掃除の基本のアレ(いるやつといらないやつをわける作業)に取りかかった。見渡してみるとどれもいらないしどれもいる。まぁめんどくさいから適当にぺッぺッぺーッと取捨選択をしていった。

画鋲がぽつぽつ落ちていた。
掃除機で何でもかんでも吸ってやった。
全部吸っちゃえって言ってやったら嬉しそうに食べていた。

それでようやくカナリきれいになってきた。そこいらで急に嫌気がさして、もうやだと思って10分くらい椅子に座って、じっとしていた。

ふっとして我に返り、残った奴らをあっちこっちにしまって掃除が終わった。
やっとちゃんとした部屋になったよう。
もうコノ2週間は散らかさないぞと決める。
そう言って日記を書いている間にまた身の回りにいくらか紙が散らばっていっているのに気付いた模様。

コメント