2月25日 東京


夕方頃、東京の用事を終わらせて上野のEXPOというおもちゃ屋さんへ行った。
前の日、ホリーさんにオススメされたからだ。
行ってみると本当にガラクタの山だった。
万博時の資料もあれば、人体模型もあって、なぜかソ連軍バッジとか
古い教科書もあって、何やここって驚いた。
バスの時間まで時間もあったので、そこでゆっくり物色した。
最終敵に1時間くらいいて買ったのは、
サカナのキーホルダー2個と昔の切手とシーソーしてる
鉄の人形のおもちゃとエッシャーのファイルだった。
店のおっちゃんと少し喋って、また大人になったら来よって誓って店を出た。
六本木ヒルズの上でやってた小谷元彦さんの「幽体の知覚」という
展覧会は見てよかったと思った。
そのコンセプトも含めた作品の壮大さに、うわって思った。
ヒルズの上から見える夜の東京はきれいで、
だけどこんな街をヒトは一気に創ったんかって思うとちょっと怖くなった。
その日の夜行バスは横が小学生の男の子だった。
10歳くらいの子が一人で夜行バスってスゴいなって思う反面、
何か懐かしい気もした。 少し緊張してるみたいだったので声をかけると
余計怖がらせたみたいな気がした。
自分がもうちょっと優しそうな感じの雰囲気やったら良かったなってちょっと後悔した。

コメント